新たにクレジットカードを作ろうと思ったあなた、現在自分の信用状態を把握していますか?
審査で大事になってくるのが信用です。他社からの借入や返済状況、お支払い状況など影響してきます。
では、借入額による審査への影響はどのぐらいあるのでしょうか。

借入額があるとクレジットカードは作れない!?

そんなことはありません。簡単に言うと、借金があるからといってクレジットカードが作れない、審査が通らないといったことはありません。先程も信用が大事と説明しましたが、【借金がある=信用がない】にはならないのです。借金という表現は適切ではないかもしれませんが、家や車のローン、その他借入をすることは珍しくありません。そのため、大事なのはその借入額に対する返済状況が大切となります。

クレジットカード審査では、もちろん借入額に関して確認されますが、その借入額の返済状況についても確認を行っています。当たり前の話をしますが、毎月期日までに返済を必ずしている人は優良、返済が遅れがち、滞っている人は不良(表現は微妙ですが)と判定されます。

このように借入額があっても、個人によって審査への影響というのは異なってくるのです。
むしろ場合によっては借入がある人の方が有利になることもあるでしょう。

借入がある方が有利!?

クレジットカードの審査において借入がある場合、審査に不利と考えている人も多いのではないでしょうか。ケースバイケースですが、必ずしも借入があることが審査に不利とはならないのです。

クレジット会社は、クレジットカード利用に対する手数料、キャッシングの金利などによって利益を得ています。当然会社ですので、利益を出さなければ成り立ちません。そのため、クレジットカードの利用が多い人、キャッシングの利用がある人、返済がしっかりと行える人などが審査で有利になります。
まとめると、【クレジットカードの利用が多く返済が滞らない】人が会社側からすると優良客となるのです。

よって、借入がある人でもその返済が1度も遅れたことがない人は、逆に審査に通りやすいのです。

借入額による審査への影響力

借入があっても状況によっては審査にプラスにはたらきますが、借入額にもよります。
いくら借入に対する返済がしっかりと行われていても、収入と借入額のバランスが悪いと審査はマイナスになるでしょう。
収入が月30万円、借入額300万円の場合、新たにクレジット会社が発行をするのかと考えたとき、それは難しいでしょう。逆に収入30万円、借入額10万円なら審査への影響はないでしょう。

このように借入があることに対しては問題ありませんが、収入と借入額のバランスが大切なのです。

また、クレジットカードにはショッピングの他にキャッシング枠を付けられる場合があります。
キャッシングとは簡単に言うと借入のことで、急な出費の時などに便利です。このキャッシングを希望するかどうかでも審査は異なってきます。希望すれば当然厳しくなるでしょう。
総量規制という法律が施行されたことにより、年収の1/3を超える借入は強制的に不可能となりました。
よって、審査時にキャッシング枠を希望しても、超えていた時点で審査は絶対に通らないです。

また、希望額が年収の1/3を超えていなくとも、借入額が多い場合には審査も厳しくなるのは必然です。クレジットカードの審査を確実に通りたいと思うなら、まずはキャッシングはなしで申し込みをしましょう。キャッシング枠はクレジットカードを所持した後でも、申し込みをして付けることも可能です。